点心の名店でいただく、¥1,000円(税別)のお得なランチ

自分が紹介するお店は、「魏飯夷堂 三条店」という点心のお店です。

この店を知ったきっかけは、通学途中でいつも通る時に、ランチタイムにはいつも人が並んでいるのと、店の前につるした赤ちょうちんが雰囲気を醸し出す店の外観を見て美味しそうな店だと思い、値段が手ごろなランチを食べたのが最初でした。

魏飯夷堂は、夜のメニューは、3000〜5000円前後とそれなりにしますが、ランチは、メインのおかず一品に加えてサラダ・ライス・ザーサイ付小籠包・デザート付セットが¥1,000円(税別)というお得な値段で食べれます。

ここの良い所は、メインのおかずが、魚介が食べたい人は「海鮮あんかけおこげ焼きそば添え」、肉が食べたい人は「揚げ鶏の薬味ソースがけ」という風に、その人の好み合わせておかずを選択できるところです。

また、「タラバ蟹ほぐし身と白菜のクリームソース煮」のような週替わりランチメニューも豊富なので、何度行っても飽きることはありません。

一品料理は、「海鮮あんかけおこげ焼きそば添え」が海鮮のうまみとおこげの香ばしさのアンサンブルが絶妙で美味しいですが、やはり特に美味なのは、小籠包です。

小龍包の食べ方は、専用のたれとしょうがを添えて食べるのもいいですが、自分は、なにもかけずに食べる方が、中からあふれる肉のうまみをダイレクトで味わえるのでお勧めです。