夕暮れとともに灯される提灯が目印「語りばさ」

ぜひ紹介したい店「語りばさ」は和歌山市にあるおでん屋さんです。

おでんの他には、和歌山でとれた魚を刺身や天ぷらに、もちろん唐揚げなどの肉料理もあります。

店内は10名程が座れるカウンターのみのしっぽりと落ち着いた様子です。

店を取り仕切り、料理を提供してくれるボーイッシュなママさんと、そのお手伝いをしている方の2名で切り盛りしています。

注文してから作られる料理はどれも美味しくいただけます。

看板メニューでもあるおでんは、定番具材からカキやトマトウインナー、海老しんじょうといった変わりネタまで揃っています。

本来は、辛子をつけていただくのですが、辛子の他にマスタードも添えられています。

お豆腐を注文した際には、とろろを上からかけていて、これがまた絶品です。

料理とともにお酒も楽しめます。
ビール、焼酎、日本酒などがありますが、酎ハイの種類は少なめです。

熱燗を頼むと、数あるお猪口の中から自分が好きな形や大きさのものを選ばせてくれるのも楽しみの1つです。

会計時には1人平均6000円はしますが、会社の接待などで来る方もいるので、領収書をもらっています。

月に1度ペースで行きたくなる、あまり人には教えたくないお店の1つです。